コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免責委付 めんせきいふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免責委付
めんせきいふ

海上企業を保護するためかつてフランスでとられていた制度で,船主の責任は人的無限であるが,債権者に対し海産委付するとその責任を免れることができた。日本も 1975年に船主責任制限法が制定されるまで,商法はこの委付主義をとっていた (改正前商法 690~692) 。それによると,船舶の衝突その他船長などの過失で他人に損害を加えた場合,船主は船舶,運送賃その他の海産についての権利を被害者である債権者に移転すると免責された。現在の船主責任制限制度は金額責任主義がとられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

免責委付の関連キーワード有限責任

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android