兎唇の嘯も心慰み(読み)いぐちのうそもこころなぐさみ

精選版 日本国語大辞典の解説

いぐち【兎唇】 の 嘯(うそ)も心慰(こころなぐさ)

(「嘯」は口笛のこと) いぐちの人のふく口笛は他人から見ればみにくくても、本人にとっては慰みであるの意。自分の作品などを謙遜していうことが多い。
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)一「しば口やみやこ上りの露はらひ よくもあらねど、缺唇(イグチ)の嘯(ウソ)も心なぐさみといふことのあれば申侍へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android