コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉作左衛門 こだまさくざえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児玉作左衛門
こだまさくざえもん

[生]1895.12.3. 秋田
[没]1970.12.26. 札幌
解剖学者,人類学者。東北大学卒業 (1920) 。北海道大学教授。脳研究,アイヌの人類学的研究で著名。主著『アイヌの頭蓋学及骨学』 (40) ,『アイヌ-歴史的,人類学的研究』 (70,英文) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉作左衛門 こだま-さくざえもん

1895-1970 昭和時代の解剖学者,人類学者。
明治28年12月3日生まれ。昭和4年北海道帝大教授,18年医学部長となる。脳の形態学・組織学的研究,アイヌ民族の人類学的研究で知られる。昭和45年12月26日死去。75歳。北海道出身。東北帝大卒。著作に「人体解剖図譜」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児玉作左衛門の関連キーワード三上 マリ子住吉町遺跡三上マリ子昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android