コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉好春 こだま こうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉好春 こだま-こうしゅん

1649-1707 江戸時代前期の俳人。
慶安2年生まれ。京都の人。高瀬梅盛(ばいせい)に師事し,のち西山宗因の談林派の影響をうける。元禄(げんろく)3年ごろ宗匠となったとおもわれる。翌年出家。宝永4年8月11日死去。59歳。初姓は中江(一説中尾)。字(あざな)は宗悦。別号に向陽堂,汲谷軒。編著に「新花鳥」「左義長」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

児玉好春の関連キーワード好春俳人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android