コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉幸多 こだま こうた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉幸多 こだま-こうた

1909-2007 昭和-平成時代の日本史学者。
明治42年12月8日生まれ。農林省で「日本林制史資料」の編修にくわわったのち,七高教授をへて昭和13年学習院教授,48年学習院大学長。近世農村史,近世交通史を研究。地方史研究協議会の創立に尽力し会長をつとめる。平成5年江戸東京博物館初代館長。8年学士院会員。平成19年7月4日死去。97歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「近世宿駅制度の研究」「近世交通史の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

児玉幸多【こだまこうた】

日本近世史学者。村落史や交通史を研究の中心とした。長野県生れ。東京帝国大学(現,東京大学)文学部国史学科卒業。鹿児島の第七高等学校造士(ぞうし)館教授を経て,学習院大学教授,同大学学長などを務める。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

児玉幸多の関連キーワード宿場/五街道宿駅一覧佐倉惣五郎天然記念物宿村大概帳摂関政治甲州街道堀田正俊地方文書常盤井宮酒井忠利阿部正武賀茂清茂昭和天皇宿・宿駅幕藩体制駅逓志稿五人組帳河村瑞賢村役人大八車