コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉愛二郎 こだま あいじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉愛二郎 こだま-あいじろう

1840-1930 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)11年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士幕府への恭順を主張する佐幕派に属し,元治(げんじ)元年対立派の井上聞多(もんた)(馨(かおる))に重傷をおわせた。維新後は宮内省で大書記官兼皇后宮亮(すけ)などをつとめた。昭和5年2月13日死去。91歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

児玉愛二郎の関連キーワード明治時代武士官僚幕末天保

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android