コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児童美術 じどうびじゅつchildren's art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児童美術
じどうびじゅつ
children's art

1887年にイタリアの美術史家 C.リッチが『児童の芸術』L'arte dei bambiniを著わし,子供の絵と大人の絵を区別したのが「児童美術」の語の最初である。その後,ドイツの A.リヒトワルク,イギリスの J.サリーなどによって児童の美術の特質が徐々に明らかにされ,ウィーンの F.チゼックによって児童の描く絵は,その精神の発達と並行して変化することが発見され,児童の創造意欲を重視した美術教育法が確立された。心理学の発達とともに,児童美術は幼児期の心理,精神の重要な指標とされ,現在では精神治療の技術としても応用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の児童美術の言及

【美術教育】より

… 画家や彫刻家などの専門家を養成する教育は古くから存在していたが,普通教育において美術の教育的価値を認めるようになるのは19世紀の終りころから20世紀にかけてである。ちょうど,イギリスのサリーJames Sully(1842‐1923)が児童画の研究を行ってその表現の重要性が認識され,オーストリアのチゼックFranz Cizek(1865‐1946)が子どもの自己表現と創造性を認めて児童美術の学校を開いたころである。それまでの画学や図学の系統をひく〈目と手の訓練〉をめざす幾何画的・臨画(模写)的図画に対して,子どもにはおとなと違った独自の表現と認識があるという子どもの美術の価値が注目されて,それが普通教育に取り入れられるようになった。…

※「児童美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

児童美術の関連キーワード久保 貞次郎山田 良定北川 民次鈴木 迪彦鈴木迪彦山田良定北川民次童画

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

児童美術の関連情報