コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造反投票 ぞうはんとうひょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

造反投票
ぞうはんとうひょう

政党投票を前提とする議会において,議員が党議に反した投票を行うこと。党議拘束がゆるやかな場合に一般的に起りうるが,与野党が伯仲している場合,与党から造反投票が出ると政権基盤を脅かすことにもなりかねない。そのため重要な法案の採決にあたっては,造反投票を起さないようにするのが院内総務の役割となる。イタリアでは 1988年まで議会での投票が秘密投票であったため,多くの造反投票が起き政権不安定の原因となっていた。造反投票に対しては,それぞれの政党内部で制裁が課せられるのが通例である。 (→交叉投票 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android