党首討論(読み)とうしゅとうろん

知恵蔵の解説

党首討論

第147通常国会の2000年2月23日から、衆参両院に設けられた国家基本政策委員会の合同審査会で党首討論が行われている。政治家同士の討論を活発にし、官僚主導の政治を打破しようと、1999年10月召集の第146臨時国会で政府委員制度を廃止すると共に、英国下院本会議の党首定例討論(question time)をモデルに、党首討論が試験的に行われた。国会改革の切り札と期待されたが、(1)討論の時間が全部で40分と短く、議論がかみ合わないまま終わることが多い、(2)首相以外の与党党首が論戦に立たず、多彩な議論が期待できない、(3)与党側が積極的でなく、森政権時代はいろいろ理由付けをしては開会を先送りした、など評価はいまひとつだ。06年の第164通常国会では2回開催されただけだった。

(星浩 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

党首討論

英国議会のクエスチョンタイムをモデルに、国会改革の一環として導入され、2000年に初めて行われた。首相(与党党首)と一定規模以上の野党党首が一対一で議論する。与野党の合意では、討論時間は45分で水曜を定例日とし、首相が本会議や予算委員会などに出席する週や国会閉会中は行わない。00年は8回行われたが、昨年は初めて一度も行われなかった。

(2018-05-17 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

とうしゅとうろん【党首討論】

国家基本政策委員会で、週一回45分間、自由なテーマで一問一答形式によっておこなわれる首相と野党党首の討論。イギリス議会下院のクエスチョン-タイムを参考に、2000年(平成12)の通常国会より導入。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

党首討論の関連情報