入るを量りて出ずるを為す(読み)イルヲハカリテイズルヲナス

  • 入(い)るを量(はか)りて出(い)ずるを為(な)す

ことわざを知る辞典の解説

収入の額を計算し、それに応じて支出の計画をたてる。

[解説] 「礼記―王制」にあることば。

〔英語〕Stretch your arm no further than your sleeve will reach.(袖の届くところより遠くに腕を伸ばすな)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

収入の額を計算し、それに応じて支出の計画をたてること。

[由来] 「礼記―王制」で述べられている、国の予算を決めるための心得。穀物の穫り入れが済んだあと、過去三〇年間の収入を参考にしながら、「入るを量りて出ずるを為す」のが、その方法です。

〔異形〕入るを量りて出ずるを制す/出ずるを量りて入るを制す

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android