コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入替両替 イレカエリョウガエ

デジタル大辞泉の解説

いれかえ‐りょうがえ〔いれかへリヤウがへ〕【入替両替】

江戸時代、大坂で、米や砂糖などの商品やその預かり証を担保として商人に資金を貸したこと。また、それを業とした両替屋。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いれかえりょうがえ【入替両替】

近世、商品や米切手などの証券類を担保に貸し付けをした、大坂の両替屋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の入替両替の言及

【両替】より

…本両替はおもに資金の預り,商人貸,大名貸,各種手形(振差紙,為替,預り,振出,約束,大手形,蔵預り)の発行,幕府・諸藩の公金取扱い,諸藩の掛屋蔵元などの任に携わり(鴻池家のように新田開発を行う者もいた),本来的な金銭両替はあまり行わず(十人両替も同様),小両替がこれにあたった。これら以外で特殊なものには堂島その他の米市場と結びつき,米商人の資金・帳合米商内(ちようあいまいあきない)証拠金の預りや米売買書による委託代金徴収を行った米方(こめかた)両替(遣来(やりくり)両替)および商品・蔵荷証を担保に貸付けをする入替(いれかえ)両替があった。これらの両替屋間では,資金力の優劣をもとに親子関係を結んで当座勘定を開き,子は親に手形を振り出して必要な融資を受けるなど,相互に金銭両替や資金融通も行った。…

※「入替両替」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

入替両替の関連キーワード広岡久右衛門長田作兵衛江戸時代鴻池家加島屋近世

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android