コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江満智 いりえ まち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入江満智 いりえ-まち

1804-1883 江戸後期-明治時代の女性。
文化元年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の中間(ちゅうげん)野村嘉伝次と結婚,2男1女を生む。のち夫婦で入江家をつぐ。52歳で夫と死別。長男九一と次男和作(のちの野村靖)は吉田松陰に師事。九一は禁門の変で戦死,和作は新政府につかえた。明治16年8月26日死去。80歳。本姓は村上。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

入江満智の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android