コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江満智 いりえ まち

1件 の用語解説(入江満智の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入江満智 いりえ-まち

1804-1883 江戸後期-明治時代の女性。
文化元年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の中間(ちゅうげん)野村嘉伝次と結婚,2男1女を生む。のち夫婦で入江家をつぐ。52歳で夫と死別。長男九一と次男和作(のちの野村靖)は吉田松陰に師事。九一は禁門の変で戦死,和作は新政府につかえた。明治16年8月26日死去。80歳。本姓は村上。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

入江満智の関連キーワード文化プチャーチン岩井半四郎アメリカ美術アルマン条約電気事業奈破崙天竺徳兵衛ギャンジャセルビア蜂起

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone