コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入蜀記 にゅうしょくきRu-shu-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入蜀記
にゅうしょくき
Ru-shu-ji

中国,南宋の紀行文学。陸游の著。乾道6 (1170) 年四川の地方官に任命された陸游が,故郷の紹興 (浙江省) を出て揚子江をさかのぼり,家族とともに赴任した5ヵ月余の船旅を日記として記した書。同時期の范成大の『呉船録』などとともに中国紀行文学の代表作の一つとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

入蜀記の関連キーワード山水遊記

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android