コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全寄生 ゼンキセイ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐きせい【全寄生】

寄生植物で、栄養の全部を宿主から吸収する生活形態。根や葉は退化しており、クロロフィルをもたず光合成を行わないので緑色をしていない。ナンバンギセル・ヤッコソウなどにみられる。→半寄生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんきせい【全寄生】

高等寄生植物のうち宿主からすべての栄養を吸収して生活する寄生の形態。ナンバンギセル・ハマウツボなどの活物寄生と、ギンリョウソウなどの死物寄生(腐生)とがある。 ⇔ 半寄生

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

全寄生の関連キーワード宿主(しゅくしゅ)ネナシカズラツチトリモチ絶対寄生死物寄生永久寄生寄生植物寄生根べと病病原体寄生

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android