コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全欧信頼醸成・安全保障会議 ぜんおうしんらいじょうせいあんぜんほしょうかいぎConference on Confidence and Security Building Measures; CSBM

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全欧信頼醸成・安全保障会議
ぜんおうしんらいじょうせいあんぜんほしょうかいぎ
Conference on Confidence and Security Building Measures; CSBM

大西洋からウラル山脈まで」のヨーロッパ大陸における軍事的対決を避ける目的で,1989年3月から開かれている安全保障会議。 32のヨーロッパ諸国とアメリカ,カナダが参加。 73年から始ったヨーロッパ安全保障会議 (CSCE) で取上げられ,75年のヘルシンキ宣言で定められた信頼醸成措置の流れを引継ぐもので,軍事行動の制限,軍事的透明性の促進,相互間の意志疎通により,軍事的衝突や威嚇の回避を盛込んでいる。ソ連の解体や冷戦の終結を経て,92年3月の全体会議では「ウィーン文書 1992」が採択された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

全欧信頼醸成・安全保障会議の関連キーワードウィーン文書1992

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android