コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CSCE シーエスシーイーCSCE

3件 の用語解説(CSCEの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シー‐エス‐シー‐イー【CSCE】[Conference on Security and Cooperation in Europe]

Conference on Security and Cooperation in Europe》全欧安保協力会議。欧州における緊張緩和をはかるため、アルバニアを除く全欧州諸国に米国・カナダを加えた35か国の首脳が参加して開催された会議。1975年の第1回会議では、東西欧州諸国の協力をうたった「ヘルシンキ宣言が、1990年の第2回会議では、欧州全体の民主化の促進をうたった「パリ憲章」が採択された。正式名称は「欧州における安全保障と協力に関する会議」。1995年、国際機関OSCE欧州安全保障協力機構)へと発展。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

CSCE
シーエスシーイー

ヨーロッパ安全保障協力会議」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のCSCEの言及

【ヨーロッパ安全保障協力機構】より

…略称OSCE,全欧安保協力機構とも。ソ連の提唱により,アルバニアを除く全ヨーロッパ諸国にアメリカ,カナダを加えた35ヵ国が,1973年から2年間にわたり,ヨーロッパの緊張緩和と安全保障の問題を討議するために開催したヨーロッパ安全保障協力会議(CSCE。全欧安保協力会議ともいう)から発展し,95年1月に冷戦後ヨーロッパの新しい安保秩序の中核的存在として常設機構化されたもの。…

【ヨーロッパ安全保障協力機構】より

…略称OSCE,全欧安保協力機構とも。ソ連の提唱により,アルバニアを除く全ヨーロッパ諸国にアメリカ,カナダを加えた35ヵ国が,1973年から2年間にわたり,ヨーロッパの緊張緩和と安全保障の問題を討議するために開催したヨーロッパ安全保障協力会議(CSCE。全欧安保協力会議ともいう)から発展し,95年1月に冷戦後ヨーロッパの新しい安保秩序の中核的存在として常設機構化されたもの。…

※「CSCE」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

CSCEの関連キーワードスーパーボウルスーパーボウル海運同盟連邦議会軍縮会議ジュネーブ軍縮会議ラッセル・アインシュタイン宣言気候変動枠組み条約京都議定書フロン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CSCEの関連情報