全米黒人地位向上協会(読み)ぜんべいこくじんちいこうじょうきょうかい

百科事典マイペディアの解説

全米黒人地位向上協会【ぜんべいこくじんちいこうじょうきょうかい】

National Association for the Advancement of Colored People,略称NAACP。デュ・ボイスが組織した〈ナイアガラ運動〉とイリノイ州スプリングフィールドの進歩的白人団体を母体として,1909年ニューヨークで結成された。裁判や教育を通して,黒人や他の差別されているマイノリティの権利獲得運動を展開。機関誌《クライシス》を刊行,初代編集長はデュ・ボイス。公民権運動拡大の契機となった1954年のブラウン事件判決では大きな役割を果たした。1950年代から1970年代の公民権運動最盛期には45万人の会員を擁した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の全米黒人地位向上協会の言及

【公民権運動】より

…公民権運動がもっとも活発であったのは,1954年の合衆国最高裁判所の人種別学法違憲判決(ブラウン事件判決)から65年の投票権法の制定に至る期間である。この時期には,黒人と白人が参加した有力な運動団体(全米黒人地位向上協会(NAACP),全国都市同盟(NUL),南部キリスト教指導者会議(SCLC),人種平等会議(CORE),学生非暴力調整委員会(SNCC)など)が中心になって,南部における人種隔離制度,差別慣行を打ち破るために非暴力・直接行動が繰り広げられた。 NAACPはすでに1930年代から人種隔離の壁を崩す訴訟戦術を始めていたが,その成果であるブラウン事件判決は公民権運動に大きな弾みを与えた。…

【黒人問題】より

…タスキーギー大学の創立者で,白人との協調を説いたB.T.ワシントンや,彼の説にあきたらず,より理論的に人種の平等を叫んだデュ・ボイスは,その代表的な存在である。白人リベラルの呼びかけに応じて黒人指導者も参加し,最初の公民権団体ともいうべき全米黒人地位向上協会(NAACP)が創設されたのもこの時期である。(4)黒人北上時代 20世紀の初め,黒人人口の約90%は南部に住んでいた。…

※「全米黒人地位向上協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全米黒人地位向上協会の関連情報