コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公民権運動 こうみんけんうんどうCivil Rights Movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公民権運動
こうみんけんうんどう
Civil Rights Movement

1950年代,60年代に全米を席捲した,マイノリティ,特に黒人が,憲法で認められた個人の権利の保障を訴えた運動。 1954年のブラウン判決によって白人と黒人の教育機会の平等が認められて以来,55年 M.L.キング牧師によるバス・ボイコット運動,63年ワシントン大行進を経て,64年7月ジョンソン政権下で人種差別撤廃をうたった公民権法が成立した。その後も実質上の人種差別の解消を求めて運動は続き,マルカムXブラック・パンサー党など,黒人の分離を求めて過激化するものも出てきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

公民権運動

広義には、憲法の保障した権利の適用を求めるマイノリティーの運動全般を、狭義には、1954年のブラウン判決、55年のローザ・パークスによるバス乗車拒否事件、マーチン・ルーサー・キング牧師の指導したバス・ボイコット闘争以降の、公民権法成立を要求する黒人の運動を指す。1909年設立の全米有色人種地位向上協会(NAACP)は、黒人の権利と繁栄を旗印とした、全米最古の公民権法成立を目指す組織で、キング牧師の非暴力主義運動が主流となる50年代半ばまで地道な闘いを続け、ブラウン判決を勝ち取る下地をつくった。63年8月のワシントン大行進で20万人の行列の先頭に立ったキングは、有名な「私には夢がある(“I Have a Dream")」との演説を行い、法案成立に大きなインパクトを与えた。翌64年7月、ジョンソン政権下で、人種差別撤廃をうたった公民権法が成立する。その後は、この奴隷解放宣言に次ぐ成果をいかに実質化していくかが、黒人解放運動の中核をなしていくこととなる。キングは64年にノーベル平和賞を受賞したが、68年4月、テネシー州メンフィスで暗殺された。キングの誕生日(1月15日)は86年、連邦の祝祭日、キング牧師記念日(Martin Luther King Day、1月第3月曜日)として認められ、民間人の業績を記念した初のナショナルホリデーとなった。キング牧師暗殺事件を契機として、黒人の自立した権力を希求するブラック・パワーなる戦闘的なスローガンが広く受け入れられるようになり、ベトナム戦争反対運動とも結び付き、黒人解放運動に大きな転機をもたらすに至る。70年代以降、反差別運動は沈静化の傾向を示すが、公民権運動の悪しき副産物としての、黒人内部の深刻な階級分裂といった新たな問題も顕著になってきた。NAACPなどの公民権団体の近年の実績も含めて、公民権運動の成果の質そのものを問い直す動きもある。ファラカン「ネーション・オブ・イスラム」議長とチュービスNAACP前会長の呼びかけによる、95年10月のワシントン「100万人大行進」は、公民権運動の指導者が黒人社会統合の象徴であった時代の終焉(しゅうえん)を物語るものであった。

(井上健 東京大学大学院総合文化研究科教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうみんけん‐うんどう【公民権運動】

米国の黒人が、人種差別の撤廃と、憲法で保障された諸権利の適用を求めて展開した運動。キング牧師が活躍。1954年に最高裁で、公立学校の人種分離教育への違憲判決が下されたのを機に高まりを見せ、1964年から翌年にかけて公民権諸法が制定された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

公民権運動【こうみんけんうんどう】

Civil Rights Movementの訳。米国において,黒人や他のマイノリティ・グループが,教育,雇用,選挙などさまざまな領域における差別に抗議し,白人と同等の権利を求める運動。
→関連項目アラバマ[州]クー・クラックス・クラン黒人問題全米黒人地位向上協会ディランバーミングハムハーレムフーバーベラフォンテマルコムXミシシッピ[州]ミレットモンゴメリーリトル・ロック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうみんけんうんどう【公民権運動 Civil Rights Movement】

黒人や他の少数グループが,教育,雇用,住居,選挙,司法などの分野における人種差別に抗議し,白人と同等の権利の保障を要求するアメリカの運動。公民権運動がもっとも活発であったのは,1954年の合衆国最高裁判所の人種別学法違憲判決(ブラウン事件判決)から65年の投票権法の制定に至る期間である。この時期には,黒人と白人が参加した有力な運動団体(全米黒人地位向上協会(NAACP),全国都市同盟(NUL),南部キリスト教指導者会議(SCLC),人種平等会議(CORE),学生非暴力調整委員会(SNCC)など)が中心になって,南部における人種隔離制度,差別慣行を打ち破るために非暴力・直接行動が繰り広げられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうみんけんうんどう【公民権運動】

憲法に保証された公民権の適用を求めるアメリカの黒人運動。公立学校・公的機関の分離平等政策を違憲とした1954年のブラウン判決を機に高揚、64~65年に公民権諸法が成立した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の公民権運動の言及

【アメリカ合衆国】より

…さらにヒューストン,アトランタ,ニューオーリンズなどの都市には,税負担の重い東部・北部の大都市を逃れた企業が近年続々と移動し,経済活動の新たな中心地となるとともに,急激な人口増と建築ブームをもたらした。一方,かつて南部社会を特色づけていた人種差別は,1950年代以後連邦政府(とくに最高裁判所)の積極的介入や公民権運動により,徐々に廃止の方向に進んだ。今日では法律・制度上の差別は撤廃されており,黒人の政治参加も広範に実現している。…

【黒人問題】より

…1954年に最高裁が公立学校での人種別教育を違憲としたブラウン事件判決を下し,55年末から深南部の中心アラバマの州都モンゴメリーでキング牧師らがバス・ボイコット闘争を開始したのを契機に,後に黒人革命Black Revolutionと呼ばれるようになる大変化が始まる。初めこの黒人革命は,公民権運動という形をとった。北部と違って南部では差別が合法化されていたので,まずこれを撤廃させるため,強力な公民権法の成立をめざしたからである。…

※「公民権運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公民権運動の関連キーワードヤング(Whitney Moore Young)マーチンプロテスト・ソング[protest song]Martin Luther King, Jr.ブラウン対トピカ教育委員会裁判ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カムコレッタ・スコット キングブラック・ナショナリズム南部キリスト教指導会議ハリー ベラフォンテストロム サーモンドソウル・ミュージックブラック・パンサー党アンジェラ デービスA.J. マスティゴールドウォーターローザ パークスベビー・ブーマーW.M. ヤングT. マーシャル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公民権運動の関連情報