全電通(読み)ぜんでんつう

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんでんつう【全電通】

正称は全国電気通信労働組合。連合の加盟組合。1950年9月全逓から分離して結成。原則として日本電信電話公社に(1985年4月から日本電信電話株式会社に移行)働く労働者で組織されている。30年間にわたる電話の拡充と自動化のための技術革新に対し,日本で最初に〈事前協議制〉を協約化,合理化闘争について〈首切りという結果ではなく,その原因に対して闘う〉という路線をつくる。62年以来〈国民のための電信電話の実現〉と雇用保障,労働条件向上をめざし政策活動にも取り組む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の全電通の言及

【労働組合】より

…こういう組合が組合員数で約21%(1996。1983年には約30%を占めていた)を占めているだけでなく,たとえば自治労日教組全電通国労全逓,国公労連(日本国家公務員労働組合連合会)などの巨大組合はこれらの公務員または教職員の組合かその連合体であるため,スト権奪還闘争,公労委(公共企業体等労働委員会)の仲裁問題,人事院勧告の完全実施など,これらの組合の運動が世人の注目を浴びてきた。
[変化する諸条件]
 以上の特徴は次に述べる事情によって変わりつつある。…

※「全電通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android