コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八代貝 ヤツシロガイ

デジタル大辞泉の解説

やつしろ‐がい〔‐がひ〕【八代貝】

ヤツシロガイ科の巻き貝浅海の砂底にすみ、貝殻球形で、殻径16センチくらい。殻表には太い肋(ろく)が密に並び、褐色と白色とで交互に彩られる。ヒトデ・ウニ・ナマコなどを捕食。北海道南部から南に分布し、肉は食用、殻は貝細工用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やつしろがい【八代貝】

海産の巻貝。貝殻は球形で大きく、殻高約19センチメートル。殻口が大きい。殻表は淡褐色の地に白と黒褐色の斑紋がある。ウニ・ヒトデなどを食べる。食用。貝殻は貝細工の材料。北海道南部以南の浅海にすむ。ヤマドリガイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

八代貝 (ヤツシロガイ)

学名:Tonna luteostoma
動物。ウズラガイ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

八代貝の関連キーワードヤマドリガイ黒褐色淡褐色巻貝斑紋海産