コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八十島 やそしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八十島
やそしま

元中華民国の巡洋艦『平海』。旧日本海軍の拿捕後,改装されて航洋性を高め,1944年海防艦となり,44年 11月 25日,フィリピン西方海域で護衛作戦中沈没。その主要目は排水量 2500t,速力 22.25kn,主砲 14cm砲6,53cm魚雷発射管4,水上機2機搭載。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やそ‐しま【八十島】

多くの島々。
「わたの原―かけて漕ぎいでぬと人には告げよあまのつり舟」〈古今羇旅
八十島祭」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やそしま【八十島】

多くの島。 「国の八十国、島の-を生みたまひ/祝詞 鎮火祭
「八十島祭」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八十島の関連キーワード小船 幸次郎小倉百人一首8月27日八十島下り村田 周魚朝だ元気で八十島巡り八十島弘行津端 道彦八十島詣で藤原朝子百人一首在り立つ2700村田周魚小野篁紀二位八十国海の原鎮火祭

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android