八千入(読み)ヤチシオ

デジタル大辞泉の解説

やち‐しお〔‐しほ〕【八千入】

いく度も染めること。
「色深き袖の涙にならふらし千入(ちしほ)―染むるもみぢば」〈新拾遺・哀傷〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やち‐しお ‥しほ【八千入】

〘名〙 (「しお」は染色の時染汁につける回数を表わす接尾語) 何度も染汁に浸して色を染めること。色濃く染めること。千入(ちしお)。やしお。
※新勅撰(1235)秋下・三四七「露しぐれそめはててけりをぐらやまけふやちしほのみねのもみぢ葉〈藤原範宗〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android