八幡新造(読み)やわたのしんぞう

朝日日本歴史人物事典の解説

八幡新造

生年:生没年不詳
戦国時代の武家の女性。毛利氏家臣渋川義正の妻。毛利輝元の承認のもとに,「にしのかもし」に対し「ひらたふんまん五郎きう(給)」などを段銭とともに給与している。これは闕所となっていた所領を与えたもので,「にしのかもし」が母親か女房かは特定できないが,所領の給与権を妻が握っていたことが示されている。<参考文献>『広島県史』

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android