コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡新造 やわたのしんぞう

朝日日本歴史人物事典の解説

八幡新造

生年:生没年不詳
戦国時代の武家の女性。毛利氏家臣渋川義正の妻。毛利輝元の承認のもとに,「にしのかもし」に対し「ひらたふんまん五郎きう(給)」などを段銭とともに給与している。これは闕所となっていた所領を与えたもので,「にしのかもし」が母親か女房かは特定できないが,所領の給与権を妻が握っていたことが示されている。<参考文献>『広島県史』

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android