コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人生劇場 じんせいげきじょう

9件 の用語解説(人生劇場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人生劇場
じんせいげきじょう

尾崎士郎長編小説。「青春編」 (1933) 以下,「愛慾編」 (34~35) ,「残侠編」 (36) ,「風雲編」 (38~39) ,「離愁編」 (43) ,「夢現編」 (47) ,「望郷編」 (51~52) ,「蕩子編」 (59) と書き継がれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんせいげきじょう〔ジンセイゲキヂヤウ〕【人生劇場】

尾崎士郎の長編小説。昭和8年(1933)に「青春篇」を発表、以後「愛欲篇」ほか6篇を同34年までに発表。義理人情に厚く侠気(きょうき)のある青年、青成瓢吉(あおなりひょうきち)の歩む人生遍歴を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

人生劇場【じんせいげきじょう】

尾崎士郎の長編小説。1933年《都新聞》に連載の〈青春篇〉以下1959年の〈蕩子篇〉まで8編。大正初期〜昭和へと移る社会の動きを背景に,義理と人情の仁侠(にんきょう)の世界を通して,主人公青成瓢吉(あおなりひょうきち)の青春の哀歓を描く。
→関連項目岡田茂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

人生劇場

1964年公開の日本映画。監督:舛田利雄、原作:尾崎士郎による同名小説、脚色:棚田吾郎、撮影:間宮義雄。出演:高橋英樹、島村徹、水谷良重、平田大三郎、滝沢修、高野由美、宍戸錠ほか。

人生劇場

1983年公開の日本映画。監督・脚本:深作欣二佐藤純彌中島貞夫、原作:尾崎士郎による同名小説、脚本:野上龍雄。出演:三船敏郎永島敏行松坂慶子、中井貴恵、森下愛子、叶和貴子、奥田瑛二ほか。

人生劇場

1936年公開の日本映画。監督:内田吐夢、原作:尾崎士郎による同名小説、脚色:亀屋原徳、撮影:横田達之。出演:山本嘉一、黒田記代、村田知栄子、小杉勇ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じんせいげきじょう【人生劇場】

尾崎士郎の長編小説。1933‐43年《都新聞》《東京新聞》に連載。〈青春〉,〈愛慾〉,〈残俠〉,〈風雲〉,〈遠征〉の各編から成り,仁俠の世界を描いた〈残俠〉編を除き作者の自伝的小説である。35年,〈青春〉編が刊行され川端康成が絶賛するやベストセラーとなった。三州吉良(きら)に生まれた青成瓢吉が,青雲の志を抱いて早稲田に学び,野放図な青春を送り,学校騒動で主役を演じ,旗亭の娘お袖と恋仲になるが,やがて学校も女もすてるまでの〈青春〉編が傑作であり,評価も高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じんせいげきじょう【人生劇場】

小説。尾崎士郎作。1933年(昭和8)、「青春篇」発表。以下59年までに「愛慾篇」をはじめ七編を発表。俠気きようきある青年青成瓢吉あおなりひようきちと、その周囲の人々の姿を通して、人生のあるべき姿を求めて彷徨ほうこうする青春を描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人生劇場
じんせいげきじょう

尾崎士郎の自伝的長編小説。1933年(昭和8)『都(みやこ)新聞』(『東京新聞』の前身)に「青春篇(へん)」を発表し、以後、「愛欲」「残侠(ざんきょう)」「風雲」「遠征」の各篇を同紙に書き継ぎ、第二次世界大戦後も「夢現」「望郷」「蕩子(とうし)」の3篇を中間小説誌各誌に書き加えた。「青春篇」が刊行(1935・竹村書房)されるや、川端康成(やすなり)に「この一篇は尾崎氏が如何(いか)に立派に生きて来たか、人生を掴(つか)んでゐるかを明かにし、作家としての真価を心ゆくばかり発揮した」と激賞され、ただちに映画化、舞台化されて評判となった。三州(さんしゅう)横須賀村の辰巳(たつみ)屋のひとり息子青成瓢吉(あおなりひょうきち)が「男らしく生きよ」と育てられ、岡崎中学を経て早稲田(わせだ)大学に進み、学校騒動のリーダーとなるまでを描いたのが「青春篇」で、情熱的で野放図(のほうず)な学生たちの反骨と友情を大正初期を時代背景として活写した青春小説である。侠気(きょうき)と正義感、義理と人情といった日本的心情があふれ、それが読者の琴線を揺さぶり、時代を超えた傑作と評価されるゆえんであろう。[都築久義]
『『人生劇場――青春篇』全2冊/『人生劇場――愛欲篇』全2冊(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人生劇場の関連キーワード尾崎士郎尾崎中編小説長編小説城塞海狼伝タバコロード覇王の家箱根の坂華の棺

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人生劇場の関連情報