八木祐四郎(読み)やぎ ゆうしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木祐四郎 やぎ-ゆうしろう

1929-2001 昭和後期-平成時代のスキー指導者,JOC会長。
昭和4年8月生まれ。昭和30年から日大スキー部監督をつとめ,全日本学生選手権で史上初の13連覇に導くなど同部の黄金時代をきずく。47年札幌冬季五輪でバイアスロン監督,63年カルガリー冬季五輪でスキー監督。平成10年長野冬季五輪では日本選手団団長。11年に第3代JOC会長に就任。12年シドニー五輪では日本選手団団長。昭和32年に東京美装興業を創業,多くのスキー選手を社員にして競技力の向上に貢献した。平成13年9月8日死去。2001北海道出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android