コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木美穂 やぎ よしほ

2件 の用語解説(八木美穂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木美穂 やぎ-よしほ

1800-1854 江戸時代後期の国学者。
寛政12年7月生まれ。夏目甕麿(みかまろ)にまなぶ。遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩士にとりたてられ,嘉永(かえい)3年藩学問所教授長となる。門下に大久保忠尚(ただひさ)・春野父子,草鹿砥宣隆(くさかど-のぶたか)らがいる。嘉永7年6月26日死去。55歳。通称は金兵衛,太郎左衛門。号は誦習庵,中林,陽西成。著作に「万葉端詞例」「郷里雑記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

八木美穂

没年:安政1.6.26(1854.7.20)
生年:寛政12.7(1800)
幕末期の国学者。遠江国城東郡浜野村(静岡県大東町)大庄屋で国学者の八木美庸の長男。幼名は林之助,のち金兵衛,太郎左衛門。号中谷,中林,誦習庵。和漢仏の学を広く修め,20歳ごろ同国白須賀に宣長古学の夏目甕麿の門に入った。弘化2(1845)年,横須賀藩(静岡県大須賀町)藩主に士分に取り立てられ,歌道および和漢学侍講。嘉永3(1850)年横須賀学問所教授長。『万葉集略解補闕』(2巻)など上代歌学の考証,「日本書紀」や「古事記」の研究,横須賀の地誌『郷里雑記』など歴史地理の著書をも残している。幕末遠江における宣長古学派の一拠点として,多くの門人を抱え,維新期の遠州報国隊結成にも影響をおよぼした。<参考文献>小山正『幕末国学者八木美穂伝』

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八木美穂の関連キーワード高林方朗名倉安興丸尾清謙桜井信景城東白須賀古学小伝国学者小栗広伴森暉昌

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八木美穂の関連情報