コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏目甕麿 なつめ みかまろ

美術人名辞典の解説

夏目甕麿

国学者・神道学者。通称小八郎・嘉右衛門、名は英積、号は茂竹笹好。加納諸平の父。遠江白須賀生。内山真龍・本居宣長・同春庭門人古学を修めた。著書に『国県神考』『古野若菜』がある。文政5年(1822)歿、50才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なつめ‐みかまろ【夏目甕麿】

[1773~1822]江戸後期の国学者・歌人。遠江(とおとうみ)の人。通称、嘉右衛門。号、萩園。本居宣長の門人。著「国懸社考」、家集「志乃夫集」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夏目甕麿 なつめ-みかまろ

1773-1822 江戸時代後期の国学者。
安永2年5月5日生まれ。加納諸平(もろひら)の父。代々の酒造家で名主役。内山真竜,本居宣長(もとおり-のりなが),本居春庭(はるにわ)にまなぶ。地名の語学的研究をおこない,文化13年「駿河(するが)国号考」をあらわした。文政5年5月5日死去。50歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。通称は小八,のち嘉右衛門。号は萩園。著作に「万葉摘草(つみくさ)」「古野之若菜」など。

夏目甕麿 なつめ-かめまろ

なつめ-みかまろ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なつめみかまろ【夏目甕麿】

1773~1822) 江戸後期の国学者・歌人。遠江とおとうみの人。通称、嘉右衛門。号、萩園。加納諸平の父。本居宣長父子に師事した。著「国懸社考」「古野之若菜」「万葉摘草」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報