コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏目甕麿 なつめ みかまろ

5件 の用語解説(夏目甕麿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

夏目甕麿

国学者・神道学者。通称小八郎・嘉右衛門、名は英積、号は茂竹笹好。加納諸平の父。遠江白須賀生。内山真龍・本居宣長・同春庭門人古学を修めた。著書に『国県神考』『古野若菜』がある。文政5年(1822)歿、50才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なつめ‐みかまろ【夏目甕麿】

[1773~1822]江戸後期の国学者・歌人。遠江(とおとうみ)の人。通称、嘉右衛門。号、萩園。本居宣長の門人。著「国懸社考」、家集「志乃夫集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夏目甕麿 なつめ-みかまろ

1773-1822 江戸時代後期の国学者。
安永2年5月5日生まれ。加納諸平(もろひら)の父。代々の酒造家で名主役。内山真竜,本居宣長(もとおり-のりなが),本居春庭(はるにわ)にまなぶ。地名の語学的研究をおこない,文化13年「駿河(するが)国号考」をあらわした。文政5年5月5日死去。50歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。通称は小八,のち嘉右衛門。号は萩園。著作に「万葉摘草(つみくさ)」「古野之若菜」など。

夏目甕麿 なつめ-かめまろ

なつめ-みかまろ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

なつめみかまろ【夏目甕麿】

1773~1822) 江戸後期の国学者・歌人。遠江とおとうみの人。通称、嘉右衛門。号、萩園。加納諸平の父。本居宣長父子に師事した。著「国懸社考」「古野之若菜」「万葉摘草」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夏目甕麿の関連キーワード長野美波留国学者加藤千年三鍼那須高堅福居芳麿堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone