大久保忠尚(読み)おおくぼ ただひさ

美術人名辞典の解説

大久保忠尚

幕末・明治の神職・軍人。大久保春野の父。通称は縫殿之助。八木美穂の門で国学を学ぶ。家識淡海国玉神社祠官を継ぐが、勤王の志厚く国事に尽す。海軍主計大監・少書記官・陸軍大将等を務める。明治13年(1880)歿、56才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保忠尚 おおくぼ-ただひさ

1825-1880 江戸後期-明治時代の神職,軍人。
文政8年生まれ。大久保春野の父。国学者八木美穂(よしほ)にまなぶ。のち郷里の遠江(とおとうみ)(静岡県)にかえり,家職の淡海国玉(おうみのくにたま)神社祠官をついだ。戊辰(ぼしん)戦争では,遠州報国隊を組織して新政府軍に協力。維新後は海軍主計大監,少書記官をつとめた。明治13年6月18日死去。56歳。通称は縫殿之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大久保忠尚の関連情報