コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田竜渓 はった りゅうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田竜渓 はった-りゅうけい

1692-1755 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)5年生まれ。備前岡山藩士。江戸留守居役をへて,享保(きょうほう)16年(1731)大目付となる。藩の財政改革に際し,増税に反対して鉄砲頭(がしら)に左遷される。朱子学,のち荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の古文辞学をおさめた。宝暦5年7月21日死去。64歳。名は憲章(のりあき)。字(あざな)は子漢。著作に「呉子解」「孫子解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

八田竜渓の関連キーワード八田憲章儒者

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android