コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八百屋善四郎 やおや ぜんしろう

1件 の用語解説(八百屋善四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八百屋善四郎 やおや-ぜんしろう

1768-1839 江戸時代後期の料亭主人。
明和5年生まれ。江戸浅草山谷(さんや)で八百屋兼仕出屋をいとなんだ八百善(やおぜん)の4代目。享和年間に高級料亭を開業,江戸一の評判となる。俳諧(はいかい)をこのむ風流人で,酒井抱一,大田南畝(なんぽ),谷文晁(ぶんちょう)ら文人墨客が顧客となった。「江戸流行料理通」の著書もある。天保(てんぽう)10年10月15日死去。72歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の八百屋善四郎の言及

【料理人】より

… 日本の料理人が,料理人本来のしごとをなしうるようになったのは,江戸後期に町人層が十分に力を蓄積してからと思われる。安永~天明(1772‐89)ころ全盛を誇った江戸洲崎の升屋宗助,それに対抗した樽屋三郎兵衛,享和(1801‐04)ころから台頭した八百善の八百屋善四郎などは,その料理が一部特権階級だけのものだったとしても,日本料理の味覚の質を向上させたといえる。現在の日本では和風料理店の料理人を板前と呼んでいる。…

※「八百屋善四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八百屋善四郎の関連キーワード伊藤きん菅恥庵空二甲賀文麗佐久間弥八山旭亭主人質亭文斗志の島忠長隠(1)鶴脛高女

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone