公休(読み)コウキュウ

大辞林 第三版の解説

こうきゅう【公休】

公務員や会社員などに権利として与えられている休日。公休日。
同業者が申し合わせて、定期的に休業すること。また、その日。公休日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐きゅう ‥キウ【公休】

〘名〙
勤労者権利として認められている休み。特に、日曜、祝日以外にとることを認められている有給休暇をいうこともある。また、その日。公休日。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一四「東紡の如きは一戸につき一人一日の給料づき公休を与へてゐる」
② 同業者などが申し合わせて、一定の日に休むこと。また、その日。公休日。
※銀座細見(1931)〈安藤更生〉八「公休とは〈略〉同業が、協定して一ケ月のうち一定の日に休業することを意味するのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公休の関連情報