コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公巌 こうがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公巌 こうがん

1757-1821 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦7年生まれ。真宗大谷派。越後(えちご)(新潟県)の人。京都で真宗学のほか華厳(けごん),天台などをまなび,皆川淇園(きえん)にも師事。天明6年(1786)出羽(でわ)酒田(山形県)浄福寺住職。真宗経典を自由に解釈し,異端として本山より糾明される。のち自説をすて,深励(じんれい)の門にはいった。文政4年8月11日死去。65歳。著作に「因願成就済輔記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

公巌の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニプラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦い石田春律大槻玄沢

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android