公巌(読み)こうがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公巌 こうがん

1757-1821 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦7年生まれ。真宗大谷派。越後(えちご)(新潟県)の人。京都で真宗学のほか華厳(けごん),天台などをまなび,皆川淇園(きえん)にも師事。天明6年(1786)出羽(でわ)酒田(山形県)浄福寺住職。真宗経典を自由に解釈し,異端として本山より糾明される。のち自説をすて,深励(じんれい)の門にはいった。文政4年8月11日死去。65歳。著作に「因願成就済輔記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android