コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深励 じんれい

2件 の用語解説(深励の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深励 じんれい

1749-1817 江戸時代中期-後期の僧。
寛延2年9月3日生まれ。浄土真宗。越前(えちぜん)(福井県)金津の永臨寺の住職。慧琳(えりん),随慧(ずいえ)にまなび,東本願寺高倉学寮の講師となる。おおくの門弟をそだて,近世の大谷派宗学を大成した。文化14年7月8日死去。69歳。越前出身。字(あざな)は子勗(しきょく)。号は亀洲,香月院。著作に「教行(きょうぎょう)信証講義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

深励

没年:文化14.7.8(1817.8.20)
生年:寛延2.9.3(1749.10.13)
江戸後期の真宗の僧。東本願寺宗学の大成者として有名。真宗大谷派の越前国(福井県)大行寺に生まれ,宝暦6(1756)年寿天の養子となり,同国永臨寺に入る。京都で同派の慧琳や随慧に師事し,また豊山派の智道や仁和寺の竜山などに学んだ。寛政3(1791)年東本願寺学寮の擬講に,同5年嗣講に,同6年講師に昇進。学寮だけではなく,各地で講筵を開き,多くの帰依者を得た。門下は1249人にのぼり,その影響力の強さから,没後は宗学が固定化したともいわれる。著書は『歎異抄講義』『教行信証講義』など多い。<参考文献>『大谷派学事史』

(草野顕之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深励の関連キーワード易行院法海教如上人乗如上人諦浄宝如上人東本願寺本願寺派お東原口針水誘苑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone