公文書偽造罪(読み)こうぶんしょぎぞうざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公文書偽造罪
こうぶんしょぎぞうざい

行使の目的で公文書,公図画を偽造,変造する罪 (刑法 155) 。公文書とは,公務所,公務員が職務上作成を義務づけられ,または作成の権限を有するもので,公務員が作成したものでも挨拶状などは含まない。偽造とは,作成権限のある公務員以外の者が,一般の人に一見真正な公文書と誤信させる外観を有するものを作成することをいう。変造は,既存の真正な公文書を作成権限のない者が改竄する行為である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうぶんしょぎぞうざい【公文書偽造罪】

行使の目的をもって、公文書を偽造または変造することによって成立する罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうぶんしょ‐ぎぞうざい ‥ギザウザイ【公文書偽造罪】

〘名〙 公文書を偽造することによって成立する罪。刑法第一五五条に規定

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の公文書偽造罪の言及

【文書偽造罪】より

…なぜならば,詐欺罪が財産を保護の対象としているのに対して,文書偽造罪は文書に対する社会一般の信頼を保護するものだからである。 日本の刑法は文書偽造罪として,(1)詔書偽造罪(154条),(2)公文書偽造罪(155条),(3)私文書偽造罪(159条),(4)虚偽公文書作成罪(156条),(5)虚偽私文書作成罪(160条),(6)公正証書等不実記載罪(157条)を規定している。近時,電子的情報処理組織(コンピューター・システム)による情報処理の用に供される電磁的記録(7条の2)に対する社会一般の信頼も文書に対するそれと同じように保護されるべきであるとする要請が強くなったため,1987年に刑法の一部改正がなされた。…

※「公文書偽造罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android