コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公衆衛生用医薬品 こうしゅうえいせいよういやくひん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公衆衛生用医薬品
こうしゅうえいせいよういやくひん

公衆衛生を保つうえから器物の殺菌、消毒などに用いられる薬品で、人体に直接用いることはしない。これらの薬品には次のようなものがある。
(1)殺虫剤 公衆衛生上有害な昆虫、ノミ、シラミ、ダニ、ゴキブリなどの駆除を目的とする。
(2)消毒剤 伝染病、感染症の予防のためプールの消毒に用いられるさらし粉や硫酸銅、食器類や哺乳(ほにゅう)瓶などの消毒に用いられる次亜塩素酸ナトリウム液、家屋や排泄(はいせつ)物の消毒に用いられる生石灰水、フェノール、クレゾールせっけん液などがある。
(3)殺鼠(さっそ)剤 ネズミの害を防ぐために用いる。殺虫剤、殺鼠剤は医薬部外品である。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android