コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公遵入道親王 こうじゅんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公遵入道親王 こうじゅんにゅうどうしんのう

1722-1788 江戸時代中期,中御門(なかみかど)天皇の第2皇子。
享保(きょうほう)7年1月3日生まれ。母は清水谷石子。享保15年親王宣下をうけ,16年京都毘沙門堂にはいり出家。元文3年輪王寺門跡(もんぜき)。延享2年天台座主(ざす)となり,寛延2年再任。天明8年3月25日死去。67歳。俗名は保良(やすのり)。号は随自意院,随宜楽院。著作に「随宜楽院宮詩文集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

公遵入道親王の関連キーワード中御門

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android