コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六フッ化ウラン ろくフッかウランuranium hexafluoride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六フッ化ウラン
ろくフッかウラン
uranium hexafluoride

化学式 UF6。ウランとフッ素の化合物。常温では無色の結晶だが,常圧下では昇華温度が 56.4℃と低い。加圧下では容易に液体となる(三重点:64℃,1.55気圧;臨界点:230℃,45.5気圧)。ウラン濃縮に六フッ化ウラン気体がよく用いられるため,国際原子力機関 IAEA保障措置の対象とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

六フッ化ウランの関連キーワードグレアム(Thomas Graham)ウランの転換工場と再転換工場ジェー・シー・オー臨界事故ウラン(放射性元素)レーザー同位体分離法ダウンストリームアイソトープ効果核燃料と核兵器ガス遠心分離法核燃料サイクルアイソトープフッ素化学同位体効果濃縮ウラン遠心分離法ガス拡散法フッ化物化合物フッ素臨界点

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六フッ化ウランの関連情報