コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六一詩話 りくいつしわLiu-yi shi-hua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六一詩話
りくいつしわ
Liu-yi shi-hua

中国,詩の評論集。宋の欧陽修の著。1巻。題名は欧陽修の晩年の号が六一居士であったのに基づく。古今の詩について,その佳句について論じたり,考証について述べたり,またその字句の意義を記したりした約 30条の記事から成る。このような形式で詩を論じた最初の書であり,以後,司馬光の『続詩話』,厳羽の『滄浪詩話』をはじめ,同時代や後世の詩論書が多く「詩話」の名を題名に取入れ,ついに詩歌評論の一つの形式として定着した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android