コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六方詞 ロッポウコトバ

デジタル大辞泉の解説

ろっぽう‐ことば〔ロクパウ‐〕【六方詞】

江戸時代、六方組などが好んで用いた、荒っぽい特殊な言葉遣い。関東方言に基づく粗野な武家言葉の一種。「なだ(涙)」「こんだ(事だ)」「ぶっかける(打ちかける)」などの類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろっぽうことば【六方詞】

六方組などが用いた特殊な言葉遣い。「涙」を「なだ」、「事だ」を「こんだ」、「冷たい」を「ひやつこい」という類。奴詞やつこことば

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の六方詞の言及

【里ことば】より

…特殊なことばづかいを,吉原の例で示せば〈ありんす(あります)〉〈ざんす(ございます)〉などである。吉原の里ことばは,諸国から集まる遊女の生国の方言やなまりをかくすためにつくられたことばとも,また俠客(きようかく)らの用いた六方詞(ろつぽうことば)のなまりとも,あるいは吉原開設のおりに駿府(静岡)や京都から来た遊女の方言が残ったものともいう。おそらく諸事情がかさなって形成されたのであろうが,里ことばが独特の遊興気分をもり上げる要素となったことも見のがせない。…

【奴俳諧】より

…奴ことばを句ごとに詠みこんだ俳諧をいう。武家奉公などをしたは特異の服装や言動をしたが,そのスラングが奴ことば(六方詞(ろつぽうことば)とも)である。奴俳諧は寛文期(1661‐73)を中心に流行,可徳編・定興判《ゑ入清十郎ついぜんやつこはいかい》(1667)をはじめ,立圃(りゆうほ),半井卜養(なからいぼくよう),ケ庵等の独吟歌仙が知られている。…

※「六方詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

六方詞の関連キーワード芭蕉(俳人)山中源左衛門せりふ尽し六方俳諧貝おほひ江戸時代里ことば奴俳諧六方者町奴奴詞

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android