コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴物 やっこもの

世界大百科事典 第2版の解説

やっこもの【奴物】

歌舞伎狂言の一系統。武家の従僕としての奴あるいは旗本奴町奴主人公にする。寛文期(1661‐73)の江戸の記録には,役柄として〈奴方〉〈子奴〉があり,奴方を主人公とする一幕の演目に〈地獄奴〉〈風呂入奴〉〈山谷奴〉〈谷中奴〉〈奴踊〉〈奴つれ六方(ろつぽう)〉など,〈奴〉のつくものが多数挙げられる。〈丹前(たんぜん)〉や〈六方〉の演技術を創始したといわれる多門庄左衛門(生没年不詳,1660年代江戸で活躍)が奴方としても初めに記録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奴物の関連キーワード歌舞伎狂言川上 貞奴

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android