コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴物 やっこもの

1件 の用語解説(奴物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やっこもの【奴物】

歌舞伎狂言の一系統。武家の従僕としての奴あるいは旗本奴,町奴を主人公にする。寛文期(1661‐73)の江戸の記録には,役柄として〈奴方〉〈子奴〉があり,奴方を主人公とする一幕の演目に〈地獄奴〉〈風呂入奴〉〈山谷奴〉〈谷中奴〉〈奴踊〉〈奴つれ六方(ろつぽう)〉など,〈奴〉のつくものが多数挙げられる。〈丹前(たんぜん)〉や〈六方〉の演技術を創始したといわれる多門庄左衛門(生没年不詳,1660年代江戸で活躍)が奴方としても初めに記録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奴物の関連キーワード歌舞伎舞踊実録物隅田川物書替狂言歌舞伎狂言佐倉義民伝本行物前狂言鯉掴み続狂言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone