コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六朝門閥 りくちょうもんばつliu-chao-men-fa; liu-ch`ao-mên-fa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六朝門閥
りくちょうもんばつ
liu-chao-men-fa; liu-ch`ao-mên-fa

中国,六朝時代の貴族。すぐれた社会的声望と政治的特権とを有する士族の家が,世襲的にまた排他的にその地位と特権とを維持する際,その家あるいはその比較的近い一族を含めて門閥という。ほぼ貴族と同じ内容である。六朝時代は門閥の栄えた時代で門閥官僚が官界の中枢を占め,その官吏としての栄達は家格によっておのずから定まっていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone