コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六科 リクカ

大辞林 第三版の解説

りくか【六科】

中国、唐代の科挙の六つのコース。秀才・明経・進士・明法・明書・明算の各科の総称。

りっか【六科】

ろくか【六科】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の六科の言及

【都察院】より

…清は明制によったが,乾隆年間(1736‐95)に僉都御史を廃し,左都御史と左副都御史を都察院の専官とし,右都御史を総督の,右副都御史を巡撫の兼官とした。なお,明代において独立の機関であった六科(中央官庁の監察機関)は1723年(雍正1)に都察院の所属に入り,その成員である給事中は左都御史の監督下に置かれた。【谷 光隆】。…

※「六科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六科の関連キーワード笹正宗霊長類給事中都察院各科六部総称

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六科の関連情報