六道能化(読み)ロクドウノウゲ

精選版 日本国語大辞典の解説

ろくどう‐のうけ ロクダウ‥【六道能化】

〘名〙 (「ろくどうのうげ」とも) 六道にあって、衆生を導く者。地蔵菩薩をいう。
※曾我物語(南北朝頃)一「はじめ三日の本尊には、来迎の阿彌陀の三尊、六道のうけの地蔵菩薩」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる