コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六道観察使 ろくどうかんさつし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六道観察使
ろくどうかんさつし

令外官の一つ。単に観察使ともいう。大同1 (806) 年に創設。設置後まもなく参議の兼任としたが,同2年参議を廃して観察使を専任六道国司郡司の職務執行状況を監査し,不正を正すことを職務とした。観察使1名,判官1名,主典1名で構成された。弘仁1 (810) 年廃止。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

六道観察使の関連キーワード平安時代(年表)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android