コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六道観察使 ろくどうかんさつし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六道観察使
ろくどうかんさつし

令外官の一つ。単に観察使ともいう。大同1 (806) 年に創設。設置後まもなく参議の兼任としたが,同2年参議を廃して観察使を専任六道国司郡司の職務執行状況を監査し,不正を正すことを職務とした。観察使1名,判官1名,主典1名で構成された。弘仁1 (810) 年廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

六道観察使の関連キーワード平安時代(年表)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android