共役酸塩基対(読み)きょうやくさんえんきつい(英語表記)conjugate acid-base pair

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共役酸塩基対
きょうやくさんえんきつい
conjugate acid-base pair

ブレンステッド=ローリーの定義 (1923) によれば,酸とはプロトン H+ を放出する傾向のある化合物またはイオン。すなわちプロトン供与体である。塩基は酸とは逆にプロトンを得ようとする化合物またはイオン。すなわちプロトン受容体である。たとえば酸Aはプロトンを失って塩基Bになり,逆に塩基Bはプロトンを得て酸Aに戻ろうとし,この間に次のような平衡関係がある。 A⇔B+H+ 。このような関係にある酸Aおよび塩基Bを共役酸塩基対という。また酸Aに対してBを共役塩基,塩基Bに対して酸Aを共役酸という。たとえば CH3COOH⇔CH3COO-+H+ において CH3COOH (酢酸) と CH3COO- (酢酸イオン) は共役酸塩基対であり,CH3COOH は CH3COO- の共役酸,CH3COO- は CH3COOH の共役塩基である。プロトンの溶媒和 (水和) の場合は,たとえば NH4++H2O⇔NH3+H3O+ において酸 NH4+,H3O+ はそれぞれ塩基 NH3,H2O の共役酸であり,塩基 NH3,H2O はそれぞれ酸 NH4+,H3O+共役塩基となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android