コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共役塩基 きょうえきえんき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共役塩基
きょうやくえんき
conjugate base

デンマークのブレンステッドの酸塩基理論によってヒドロン(陽子プロトン1H+と重陽子ジュウテロン2H+2D+を含むすべての水素イオン)H+を受け取る側となる物質。ヒドロンを与える側はその塩基の共役酸となる。ブレンステッドの酸塩基理論では、酸とはH+を相手に与えるような分子あるいはイオン、塩基とは相手からH+を受け取るような分子あるいはイオンと定義され、酸と塩基は互いにH+を間にして共役する関係にある。この定義に従うと、酸HAが塩基として作用する水H2Oに溶けると、H+は2対の共役酸塩基の間を移動する。

この解離平衡式で右から左への反応に注目すれば、H3O+がA-にH+を与えている。ここで、A-はHAの共役塩基、HAはA-の共役酸であり、H3O+はH2Oの共役酸、H2OはH3O+の共役塩基である。の第一と第二の例では、水が相手しだいによって酸にも塩基にもなりうることがわかる。第四の例は水の自己酸塩基解離である。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の共役塩基の言及

【酸・塩基】より

…たとえば実際には次のような場合がある。 酸        塩基 HNO3⇄H+NO3 HC2O4⇄H+C2O42- NH4⇄H+NH3 H2SO4⇄H+HSO4 HSO4⇄H+SO42- HCO3⇄H+CO32-このときの酸と塩基の関係は互いに共役の関係にあり,酸に対しては共役塩基,塩基に対しては共役酸であるという。たとえば,HNO3のような強酸は,弱い共役塩基NO3をもち,強い塩基のCO32-は弱い共役酸HCO3をもつことになる。…

※「共役塩基」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone