共析晶(読み)きょうせきしょう

  • きょうせきしょう ‥シャウ
  • きょうせきしょう〔シヤウ〕

岩石学辞典の解説

eutectoid point: 固溶体から同時に析出する二種またはそれ以上の異なる結晶の混合物[久保ほか : 1987].
eutectoid: 固体状態で離溶(exsolution)による形成物で,固溶体から同時に析出する二種またはそれ以上の異なる結晶の混合物.溶液から共融混合物の出るのと類似現象で,合金などに例が多い.擬共晶ということもある[長倉ほか : 1998].共析反応で析出した結晶[志水,長崎 : 1977].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の共析晶の言及

【共晶】より

…2成分以上を含む液体から同時に析出する2種以上の結晶の混合物で,共析晶eutectoid,共融混合物eutectic mixtureとも呼ばれる。2成分A,Bが液体状態では溶けあい,固体では混じり合わない場合の融点‐組成関係は平衡状態図として図のように表現される。…

※「共析晶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android