コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共産主義社会 きょうさんしゅぎしゃかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共産主義社会
きょうさんしゅぎしゃかい

マルクス主義理論によって提示された社会形態。私有財産制国家を廃絶し,財産の共有を基礎として人間疎外を止揚した人類史の最高段階と位置づけられている。共産主義は低次の段階としての社会主義と区分される。社会主義段階では,資本主義痕跡を残しており,能力に応じて労働し,労働に応じて消費する。だが共産主義の段階にいたると資本主義的要素はすべて取除かれ,能力に応じて労働し,必要に応じて消費する。ここにいたってはじめて疎外は止揚され,人間の解放は実現するとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

共産主義社会の関連キーワードプロレタリア国際主義プロレタリアート独裁ドイツ・イデオロギーエフトゥシェンコプロレタリア独裁マルクス主義法学ユートピアだより社会経済構成体国家論(政治)モンゴル(国)国家社会主義ソビエト憲法全人民国家論集団主義教育社会主義経済コムソモール社会主義社会エフレーモフゴドウィン資本家階級

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共産主義社会の関連情報