コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵藤怜子 ひょうどう れいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兵藤怜子 ひょうどう-れいこ

原田康子の小説挽歌」の主人公。
北海道東部の町のアマチュア劇団の美術部員で,22歳。仲間の久田に好意をいだいているが,中年の建築家桂木を知り,その夫人の不貞を目撃,急速にひかれ関係をもつ。それを知って夫人は自殺し,ふたりの関係もおわる。小説は昭和30-31年「北海文学」に連載。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

兵藤怜子の関連キーワード原田康子

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android