コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田康子 ハラダヤスコ

百科事典マイペディアの解説

原田康子【はらだやすこ】

小説家。本名佐々木康子。東京都に生まれ,北海道釧路市で育つ。同人誌に小説を発表していたが,《北海文学》誌上に1955年から連載をはじめた長編《挽歌》が翌年出版され,ベストセラーとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田康子 はらだ-やすこ

1928-2009 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和3年1月12日生まれ。北海道釧路でそだつ。「北海文学」に「挽歌」を発表,昭和31年刊行されるとベストセラーとなって挽歌ブームをよび,32年女流文学賞をうけた。平成11年「蝋涙(ろうるい)」でおなじく女流文学賞。平成15年「海霧」で吉川英治文学賞。平成21年10月20日死去。81歳。東京出身。釧路市立高女卒。本名は佐々木康子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原田康子の関連キーワード北海道立文学館兵藤怜子原田

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android